株式会社 福正建設 - 新築・リフォーム・修理等住まいのことならなんでもご相談下さい:広島市安佐南区

文字サイズ
»
»

FUKUMASAブログ

本日のブログ
文:大野
写真他編集:福田

イヤホンの調子が悪いので買い替えを考えてます。







最近のヘッドホンやイヤホンもなかなか進化しているみたいですね。

Bluetooth搭載等は もはや当たり前の様に有り、ちょっと前からAir Podsの様に左右分離型のイヤホンも出てきて街中でもよく見かけるようになってきました。
現場でも職人さんの耳からうどんのようなものが出ています。それがAir Podsです。








バッテリーも凄い小さいんでしょうねー。

その中でも気になる機能としてノイズキャンセリング機能というものがあります。
SONYがかなり前からヘッドホンに搭載している機能です。

ヘッドホンやイヤホンの遮音性をあげても本来聞こえてくるべき音楽以外にもわずかに外部の騒音が聞こえてきますよね。
その騒音を打消す音をヘッドホンやイヤホンが作り出し、その音を流す事により騒音のみを消してしまう機能です。





・・・分かります?

打消す音とは消したい音の逆位相にあたる音なのですが、仕組みに興味のある人は調べて見て下さいねー。

類似技術として「消音スピーカー」という技術があります。
日本の放送機器メーカーTOAが世界で初めて開発した技術で騒音源の音を拾い、それと逆相になるような音を作りスピーカーから出力して空間で打消し合わせ結果、騒音レベルを下げることを目的としたものらしいです。





理論はかなり昔から証明されていたらしいですが、最近のデジタル技術により製品化が可能になったらしいです。

乗り物への適用例も有るらしく日産ブルーバードの一部や救急車の車内にも採用されているそうです。

救急車とかは命に関わる空間なので、サイレンなどがうるさくて患者や病院と会話が出来ないと困りますものね。

・・・ちょっと待てよ・・・

これって、建築分野にも応用出来ないものでしょうか?

工事現場では気をつけているつもりでも作業する上で騒音が出ています。そういう不快な音を消音スピーカーが消してくれれば「工事がうるさい!」と怒られることも無いでしょう。

家自体の遮音性能+外部からの騒音を消音スピーカーが消してくれれば、どんなにウルサイ場所での建築物も中は静かに過ごせるのでは?線路横や空港横でももちろん大丈夫です。

家の中ではオーディオルームにて完璧に近い無音の中で音楽が楽しめるのでは?

カラオケボックスや夜のスタンドから漏れ出てくる音痴な歌声は外部に取付けた消音スピーカーが消してくれるのでは?




●●ホテルでは設計者が予想しなかった大きな●●声が遮音壁を超えて外部廊下へ漏れるのを消してくれるのでは?

そういった技術が今後本当に進化して快適な未来を作っていくと思うのですがどうでしょう?

実は私が知らないだけで、そういう技術は建築に応用されているのでしょうか?

・・・もしそうならすみません。

そんな事を妄想しながら、どんなヘッドホンを買おうかとまよっています。








ウルサイ現場事務所の中、ノイズキャンセリングを効かせたヘッドホンを付ければ、静かに仕事ができるのでしょうかね?