株式会社 福正建設 - 新築・リフォーム・修理等住まいのことならなんでもご相談下さい:広島市安佐南区

文字サイズ
»
»
カテゴリー:プライベート

FUKUMASAブログ

梅雨入り前の尾道

新型コロナウイルス感染対策をしながらの生活に慣れ
天候もいいので梅雨入り前、県南部の瀬戸内に GO !



カーナビが無いと市内いくつも分かれ道があるので、駐車場にはたどり着けないかもしれません。




今日尾道に来たのは、尾道市立美術館の「花のお江戸ライフ」
浮世絵の鑑賞のためです。





 



 



尾道市立美術館の設計があの『安藤忠雄』だったの思い出し、
楽しみにして来ました。


 


二階からこんな素晴らしい景色
額縁の中の絵画!! みたい



浮世絵と『安藤忠雄』設計の建築物そして窓からの眺めも展示の一部にし
素晴らしい尾道市立美術館でした。
美術館をあとにし、千光寺の方へ







 


快晴で吹く風がとても心地よく、さわやかでした。
千光寺公園には、さくら・ツツジの時期に来ても美しいところだと思います。
山の上にあるのでスニーカーなどをはいて履いて行きましょう。



ここらで遅めの昼食、「尾道ラーメン」喰海でいただきました。

次回はどこに行こうか。

 

GW ~不要不急~

皆様今年のゴールデンウイークは如何がお過ごしになられましたでしょうか。

今年は憎きコロナの影響でプロ野球も延期、中四国最大の催しでもあるフラワーフェスティバルまで中止となってしまいました。

不要不急の外出を控えるようにしましょう、という事で、今年は全くもって満足のゆくゴールデンウイークにもできず、満足のゆく子どもの日にもしてやれませんでした。

去年のゴールデンウイークはどのように過ごしていたのだろうか、と遡ってみると、

・川遊び、釣り堀
・フラワーフェスティバル
・潮干狩り
・お餅つき?
・近くのショッピングセンターのゲームセンターやショッピングなど


兄家族が帰省しての大満喫のゴールデンウイークを過ごしていました。

出かけるのに疲れたら家でのんびり。なんと贅沢なのんびり。

今年はそんな当たり前の事すら満足に行うことができません。

そんな中、こどもの日に家の直ぐ近くの海とは言えないような小さな湾内で少しだけ釣りを楽しみました。

たったの3~4匹程しか釣れませんでしたが、それでも子ども達はとても楽しそうに満足してくれました。

例え釣れた魚がフグであっても喜んでいました。


日頃の当たり前の有難みは、災いなど不幸が起こらないと気付けないものですね。

人間は無いものねだり、己の愚かさに気付かされます。

日本は平和ボケし過ぎだ、などとよく言われますが、またひとまわり成長してボケたいですね。

コロナの話題に溢れかえり、皆がストレスを抱え蓄積している日々ですが、その分、収束後には一つ上の日頃の楽しみ方を知らぬ間に覚えているでしょう。

きっと今までよりも楽しみ上手になっているはずです。


その日が来る日まで絶対に逃げ切りましょう。


子ども達を連れてディズニーランドへ行く日が待ち遠しいです。

それまでに様々なディズニー予習をしてもらって、その日を10倍楽しめる準備をしておこうと思います(^^♪

収束後が楽しみですね(^^)







そーそー、子どもの日の釣りで海タナゴが釣れたのですが、捌いてビックリ!お腹から稚魚が沢山出てきました(*_*)

調べてみると、”卵胎生”といって海タナゴ以外にも、あの慣れ親しんでいるメバルや、淡水魚ではグッピーなどもその類に属するそうです。

嫁がもう二度と海タナゴを捌くことができなくなってしまいました(笑)


 

コロナ

コロナはコロナでも40数年前は、トヨタのコロナマークⅡハードトップとゆう車がありました。
年齢がばれますが。

今は、新型コロナウイルス。

広島県内で感染者が出ましたが、今自分たちのできることは、人混みは出来るだけ避け、
うがい・流水での手洗いの励行などいつも行っていることでいいと思います。(自分だけそう思っています)

さて、人混みは避けてこの間の日曜日は、広島市内ではなく県北三良坂に Go!
スマホでカフェを検索・・・・田んぼの真ん中のカフェにお茶しに行ってきました。
こんないなかでジャズを聞きながら珈琲が飲めるとは。

コロナで思わぬお店を発見した休みでした。
今回写真は撮りませんでした。
 

 

広島南アルプス縦走

広島南アルプス(Wikipediaより…)

広島南アルプス(ひろしまみなみアルプス)は、広島市安佐南区の武田山から、同市西区、佐伯区の鈴ヶ峰に至る、全長約15km~20km(GPSの精度、歩行速度によってムラがある)の縦走路で、標高が500mに満たない山が連なっている山脈である(最高峰は、標高488mの火山)。

広島南アルプスを構成する山は、東北から西南へ向かって、武田山、火山、丸山、大茶臼山、柚木城山、鬼ヶ城山(佐伯)、鈴ヶ峰(東峰と西峰の二つの三角点を持つ)など。これ以外に、カガラ山、315m峰(古田山、見越山などの呼び名あり)と呼ばれる三角点や、複数の峠を含んでいる。また、広義には、上記の山脈から少し離れている三滝山系(宗箇山、大原山、高峠山、小茶臼山)を含む場合もある。

広島南アルプスという名称は、通称であり、公的なものではない。この通称を使うのは、多くの場合、縦走する登山者やトレイルランナーである。



福正建設ワンダーフォーゲル部の大野です。
今日は2019年11月03日です。
広島南アルプス縦走に山ガール(妻)と挑戦しました。


スタートの相田に8:25過ぎにに到着。
登山口に向かいますが、ここの登山口は看板も無いので迷ってしまい、結局8:50に登山開始しました。


岩と落葉の山道をゆっくりと登って行きます。


9:25に最初の山、カガラ山山頂に到着。
右手に見えるのは次に登る山、武田山です。


沼田方面の景色。
今日は天気が良くありません。




カガラ山を通り過ぎ、歩いていきます。
カガラ山ー武田山にある峠の吹通しに到着。
ここからまた登りになります。


結構な勾配で登りますが、写真ではそう感じませんね。
腕が悪いのか、カメラが悪いのか・・・




10:10に武田山山頂に到着。
少し雨が降ってきました。
眺望は悪いです。
まだまだ先は長いのでさっさと次に移動します。




弓場跡に到着。
昔の人もここで練習したのでしょうか?


水越峠に到着。
武田山は史跡が色々と有り、何回も登っていますが未だに全て回り切れていません。


11:25、火山山頂に到着。
ここが広島南アルプスの最高峰です。


神武天皇烽火伝説地石碑。しかし、眺望はそんなに良くは無いです。
もう少し先に眺望が良い場所が有るのでそこまで行って昼食の予定です。

神武天皇烽火伝説(Wikipediaより)
この山には、東征の際に神武天皇が狼煙を挙げたという伝説が伝わっている。
古事記、日本書紀には、この伝説に関する記述が見られない為、詳細は定かでは
ないが、地域に伝わる話しによると、概ね次のようである。
神武東征の頃の山本には、安芸津彦命の案内で、火山の頂上に登り、おおきな
石を四方から集め、その中へたくさんの木を積んで火を炊いた。これは四方の
人たちに、「天皇は、元気でここを登っているぞ」と知らせる意味があった。
これが終わると、天皇は下山して、休山で休んだ。そして、山本の出口から船に
乗り、祇園の帆立に出ると、帆を張って進み、対岸の戸坂に上陸した。そこから
中山峠を超えて、現在の安芸郡府中町の埃宮に入ったといわれている。
なお、休山、出口、帆立は、現在も地名として残っている。




ここが、火山の眺望の良い場所です。
山ガールと一緒に昼食にしました。
右手に宗箇山(そうこやま)が見え、真正面に海が見えます。
今日は天気が悪いので遠くまで見えませんね。


天気の良い時はこんな感じです。
写真は先月別のルートから登ってきた時のものです。
写真では分からないですが四国山地(?)が見えてるような気がします。






火山から降りて12:30、権現峠に到着しました。


最初にこの神社を見た時はすごい感動したのを覚えています。
2011年にはこんな感じでしたので現在は凄く綺麗にしてますね。
ここから、次の石山へ登ります。


到着は12:50でした。


ここはほぼ360°見渡せる絶景ですが、石の上なので休憩しにくい場所です。
何枚か写真を撮って次に行きましょう。
ここから、大塚峠まで尾根の歩きやすい道が続きます。


大塚峠に13:10に到着。
ここから、少し登ると…


丸山山頂に13:20に到着。
ここは視界が悪く何も見えません。
次に行ってみましょう。


藪の中、進んでいきます。


宗箇山(三滝山)への別れ道。
宗箇山は三滝寺からは何回か登りましたが、このルートは通った事がありません。
いつか行ってみないといけませんね 。


畑峠に到着。
久しぶりのアスファルト道路です。


ここは己斐から広島市立大学へ抜ける道路です。


少し歩いて次の山大茶臼山登山口に13:50に到着。


電波塔に到着。


14:10、大茶臼山山頂に来ました。


それから、展望岩へ向かいます。
石畳の劇坂を下りますが、やはり写真にするとその勾配が分かりません。
どうすれば良い写真が撮れるのでしょうか・・・


展望岩に14:15に到着。


絶景。


THE OUTLETS が見下ろせます。


残りはあの山です。
(行けるかな・・・)


岩と岩の坂を下ります。
この部分はロープが無いと降りるのが怖いのですが、やはり写真撮影の腕が悪いのか余裕に見えます。


ロープを使って降りきると微妙なバランスで立っている岩があります。


己斐峠方面を下っているとポツンと一軒家(?)。


山の中腹(崖)に出てきました。
以前は歩いて降りれたのに階段で降りるようになっていました。
己斐峠もなんだか綺麗になったものです。






階段を恐る恐る降ります。
相方の山ガールは平気で降りてきます。


己斐峠で少し休憩を取り佐伯区に入って行きます。
この時点で14:40を少し過ぎていました。
本当に広島南アルプスを完全走破できるでしょうか・・・


柚木城山への登山口に14:55に到着しました。


さあ、頑張って登りましょう。


…え?!
すぐに熊鈴をつけて歩きます。
山ガールが「森のくまさん♪」を歌い始めました。
全力で止めました。出会いたくは無いです。


柚木城山山頂に到着。
さっさと下りましょう!
熊さんがついて来てるかもしれません。


・・・。
アイス食べたい。


鈴が峰の団地あたり。
あとは「鬼ヶ城山」「鈴ヶ峰」。


滅茶苦茶急な階段を下って行くと・・・


16:00、登山口に到着。
あと残りの山へ登る体力は残っていますが、時間に不安があります。

暗くなってからの装備がしていませんでした。
泣く泣く完全走破を諦めました。

ここから、バスに乗ってアルパークまで行き、そこから電車で我が家まで帰りました。


走行距離:13.5km
※妻のGPSでは走行距離17kmとなってました。byガーミン
彼女はずっと後ろを付いて来ていると思ってましたが、いったい何処へ寄っていたのでしょうか…
走行時間:7時間15分
累積上昇高度:1,535m
累積下降高度:1,350m
歩数:31,720歩

私も妻も良く頑張りました。


家に帰ってから焼肉屋に直行。
消費カロリー分、食ってやりました。

次は完全走破出来ると良いですね。

 

土木ドーター

先日子守で娘2人とマリーナホップへ行ってきた。

ゲームコーナーでショベルカーを発見。

2人が遊びたがるが1回200円。300円だったかな?

高いし難しそうだったがしょーがない、チャレンジさせてみることに。

パピーだけの時は財布の紐が緩めなことをドーター達は知っている。


コイン投入。


、、、あれ?ガタガタしているだけで全然動いていない。






ガタついている、、、




手元を見てみると、、、





できるかこんなもんっ!!!!(笑)


ホンマもんの操縦じゃないかっ!!(笑)


ゲームセンターで子供向けなんだからもっと簡単にしなさい!


お金が勿体ないというよりもなんだかドーター達に申し訳ない気持ちになってしまった(-_-;)



ここに職人さんが登場してバリバリにキレキレの操縦を披露したら子供たちからキラキラした憧れの眼差しで見つめられるのかもしれない。


操縦上手なパパさん達には激熱スポットかもですよ~(゚∀゚)

 

オオサンショウウオを食してみた件

先日、大山椒魚を食べてみました。

・・・・・美味しい!!!

実は、この大山椒魚、
魚卵入りのコンニャクです。
お客様から頂きました。
TVでも紹介されたそうです。
コンニャクのプリプリ感と魚卵のプチプチ感がベストマッチ!
出汁の味も抜群ですね。


〇湯来町特産品市場館
〒738-0721
広島県広島市佐伯区湯来町大字多田

〇道の駅 スパ羅漢
〒738-0226
広島県廿日市市飯山21-5

で販売しているそうです。

ちなみに・・・・
湯来町特産品市場館のある
「湯来町交流体験センター」
は、数年前に弊社が外構工事を施工した場所です。
( HPの土木事業_公共施設_湯来ロッジ )

皆様もぜひ一度お試しくださいね!





 

 

タイムスリップ

この度の台風19号に被災されました地域の皆様に

一刻も早く普段の生活が送れますようにお祈り申し上げます。


 
さて、江戸時代も台風が日本を襲ったと思いますが、将軍たちは、川幅を拡幅あるいは流れを変えたのでしょうか。

と言うことで、行って来ました。




















行ったのは、ふくやま美術館、福山博物館、ふくやま書道美術館です。

甲冑は保存がよく輝いていて、今にも家康が立ち上がりそうなくらい魂が入っているよう。

刀剣は思ったより剣先が細く、とても美しくため息!

将軍の書は現代の若者が書いたのかと思うくらい、はっきりと分かる書体で親近感が湧きました。



秋晴れの日曜、ドライブと帰りには尾道ラーメン(東珍康-とんちんかん)あっさりして美味しかった!!

リフレッシュできた休日でした。








 

 

ペンは剣よりも強し

最近子どもの影響でとても大きな生物について調べたり考えたりする事が多いのですが、知れば知るほど人間の小ささを感じます。

と、同時に人間の凄さを感じます。







現存しない恐竜時代の海の生物達です。

よく見ると右下に人間がいます。人間の大きさは恐竜時代の大きな生物と比べるとこんなにも小さいようです。

ちなみにここに含まれているサメですが、これは現在のサメではなく、恐竜時代に存在したメガロドン、というサメで体調はおよそ18メートルもあったそうです。



※メガロドンの歯の化石と6mのホオジロザメの歯








次に、現存する海の生物(哺乳類)達です。

こちらもザトウクジラの尻尾の後ろに人間がいます。小さいですね~。

このスケールの違う生き物達と人間を比べて感じたことは、恐竜時代は大きく強い生物が海や陸を支配していたであろうが、現在はこれほどまでに小さな人間が支配しているという事への偉大さと恐ろしさです。

発達した脳みそが知能を生み、それを可能にしました。

そして今その知能がその知能を追い越す知能、人工知能(AI)を生み出そうとしています。

一番優れたものが全てを支配する。

便利になる一方、人々の職を奪い意義を奪い、最終的には人間を奪い去る?

人工知能を扱う人間が人工知能に扱われる、もしくは人間が不要になる。

そうならない為には人工知能にあらゆるリミットを設けなけばいけませんね。

、、、しかしそのリミットを解除したくなる天才が必ず現れるはずです、、、。

恐ろしい現実が迫っているように感じますが、ワクワクもしてしまいます。


脳みそって凄いですね。


大きな生物と人間のサイズ感を書くだけのつもりがとんでもなく脱線してしまいました!(笑)(笑)


大きな生き物にはロマンがありますね!


でした(笑)



ちなみに海の王者はシャチです。

 



上の写真は毎朝、起きてから直ぐにトイレに直行する私の目に飛び込む写真です。何年か前から飾られています。

用を足しながら考えます。『ジョボジョボジョボ…』
(なるほど、女の美しさを語る為には花の美しさを理解しないといけない訳だ…)

私は割とベタな花が大好きです。
春はチューリップ、夏はひまわり、秋にはコスモスとか。
季節は夏。(そうだ、ひまわりを見に行こう…)
『ピッ ピッ』


早速、妻に言って了承を得ました。
目指すは世羅のひまわり畑です。


行ったのは8月5日なので見頃の畑は少なかったです。
このブログがアップされている頃はもう少し良いかもしれません。



入り口付近にある水槽にひまわりの花を浮かべている場所です。
バエますねー。



うーん。可愛い。

たまに、皆の向いている方向と違う方向を向いている子がいますが彼に一体何が有ったのでしょうか?

自分の写っている写真を掲載したかったのですが自分の顔が出るのは嫌なのでF田君に加工を頼みました。

早速F田君に加工を頼みます。
「ブログに上げたい写真が有るんだけど、顔を隠してくれない?」

F田君「わかりました。お安いご用です。」


(なんか、一瞬、悪い顔になったような…)
※写真はイメージです。

しばらくして、
F田君「出来ましたー。」


※写真はイメージです。

(おお、仕事が早いですねー)
(どれどれ、出来た写真は・・・)



(ジジイじゃねーか!)

どんな加工技術やねん!
もう一枚、



(もっと、ジジイじゃねーか!)


F田君「作った中から、選んで下さいー。」
(なんか、もう面倒くさそうだなー)
※写真はイメー…

その後、美少年バージョンや、美女バージョンも作ってくれましたが、話しが違う方向になってきたので、やめておきます。

ちいさい女の子がひまわりと一緒に写真をとられていました。
ひまわりと女の子…なんてベストマッチする構図なんでしょう。可愛い過ぎますねー。
アンパンと牛乳くらい合います。

ひまわりお持ち帰りコーナーで3本ほどひまわりの花をもらい、妻に渡しました。
花の美しさの分かる男になれたでしょうか?

最後にお店でひまわりグッズを見ていると、トウモロコシの試食が有りました。
なんでも、生で試食に出しているみたいです。

食べてみると甘い甘い。すごく甘い。
「すぐに売り切れるから、お一人様10本までですよー」
お店の人が言っていましたが、欲を出さずに2本買いました。

家に帰って温めて食べましたが、こんなに美味しいトウモロコシは初めて食べました。

…失敗しました。
20本買うべきでした。
現場の皆にもお土産買って帰るんでしたねー。

という事で、トウモロコシは美味しいという話しでした。
…あれ?

ちなみに最初に出ていた詩と絵の作者は星野富弘さんです。
たしか、怪我で手足の自由を奪われた後、口に筆を咥えて描いた物です。凄いですね。この人の作品は胸を打つものばかりですね。

 

 

ノートルダム大聖堂

みなさんお盆休みはいかがだったでしょうか。
お盆を過ぎてもまだまだ酷暑が続きそうですが、熱中症対策をしっかりと行い熱い夏をもうひと踏ん張りしましょう!



さて、唐突ですがタイトルにもある『ノートルダム大聖堂』ってご存じでしょうか?
(盆前に書きましたので夏休みネタが無いです…)

フランスのパリにあり、カトリック教会の大聖堂でゴシック建築を代表する建物です。
竣工は1345年ということで674年前の建物となります。
過去に修復もされつつではありますが維持して使用しているというところに驚きますね!
この写真は学生の頃に観光で訪れたときに撮りました。

みなさんもご存じ2019年4月15日に火災が起こりました。
当時テレビのニュースを観ていた時は驚きと悲しみでいっぱいでした…
出火原因は修復作業中のタバコの不始末や電気配線のショートということで、
我々建設業界も他人事ではありませんね。
日頃から喫煙ルールの徹底順守・電気配線のルートの確認や損傷の有無チェックが大切ですね!



世界中から寄付があり再建するということなのでですが、
一日も早く大聖堂を使用していた人の日常やこの景色を見れる日が帰ってくるといいですね。