株式会社 福正建設 - 新築・リフォーム・修理等住まいのことならなんでもご相談下さい:広島市安佐南区

文字サイズ
»
»
カテゴリー:現場

FUKUMASAブログ

レインボー  虹

今入らせてもらっている海沿いの現場はよく虹が出現します。




よく見るとダブルで出ています。


この二重になった虹、日本では二重虹(ふたえにじ)、海外ではダブルレインボーと呼ばれ、幸運をもたらす縁起物とされているようです。


ふたえにじ、、ダサい。


また、主に虹の色の順番は太陽光の波長の長さの順に「赤、オレンジ、黄、緑、水色、青、紫」となりますが、光が2回反射している副虹はその逆の順番で現れます。


だそうです。



↑上の写真ではよくわかりませんが、







↑ こういう事です。
















太陽の周りを囲む虹も出現しました。ハワイではハロと呼ばれているそうです。

やはり幸運な意味合いが多いようですが、かなりの条件が揃った時にしか現れない貴重な虹なんだとか。

その条件がこちら






なるほどね。なるほどなるほど。なるほど、、。



これ以前にも書いたかな?







縦向きの虹も現れました。





そして雲間から神秘的な光もよく差し込みます。







良いですね、自然。



どんなアクティビティより自然を感じる方が何よりのストレス発散になります。個人的には。




この現場も竣工まであと少し。



海も虹も見納めです。





日本でレインボーと呼ぶのは何か似合いませんね。フィットするのは沖縄くらいでしょうか。





レインボーが似合う場所へ行きたいですね。

 

車椅子マーク




このマークをご存じでしょうか?



誰しもが絶対に目にしたことのある”車椅子マーク”


正式名称は、”国際シンボルマーク”といいます。


内閣府のウェブサイトでは、「障害者のための国際シンボルマーク」という名前で紹介されているとのこと。


実はこのマークの対象は車椅子の人のみではなく、対象としているのは「すべての障がい者」なのです。


実はこのマークを建物や施設に掲げたい場合は以下のような基準をクリアしていなくてはならないとのことです。


・玄関:地面と同じ高さにあるか、階段の代わりに、または階段とは別にスロープがある。

・出入口:実際に通行できる幅が80cm以上ある。回転ドアの場合は別の入口がある。

・スロープ:室内外を問わず、階段の代わりにまたは階段とは別にスロープがある。傾斜は1/12以下であること。(12mの水平距離に対して1mの垂直距離、という意味)

・通路や廊下:幅が130cm以上ある。

・トイレ:利用しやすい場所にあり、ドアは外開きで、仕切り内部が広く、手すりがある。

・エレベータ:入口の幅が80cm以上ある。


知識が増えると世の中の見え方や感じ方が変わってきますね。アンテナってやつが増えます。



では、このマークが駐車場に描かれている場合の対象者はどのような人達なのでしょうか?







対象になるのは、歩行が困難と認められる方々で、障がい者、介護が必要な高齢者、妊産婦、ケガ人などのようです。



そのような条件を満たし「日本障害者リハビリテーション協会」に申請し認められて初めて利用する権利を得るのです。



まー臨機応変さも時には必要でしょうが。




我々も意味を理解したうえで思いやりのある行動を心がけたいですね(^^)






おや?







また健常者なのにシンボルマーク駐車場エリアに居座っている人がいる。



いかんいかん、ダメですよー、気をつけてくださいよー。



全く、困ったもんだ。
























 

 

 

 

 

White Significant other

12月です。寒いですね~。寒いのは大の苦手です。

12月と言えば冬。

日本で一番過酷な冬を迎えるのは北海道。

北海道といえば白い恋人。

そう、白い恋人です。

先日現場近くの天満屋で北海道物産展が開かれており、我らが金●先生が白い恋人を買ってきてくれました。

かなり久しぶりに食べましたが相変わらず美味しい。

そして後日、●本先生がまたしても白い恋人を買ってきてくれました。

しかし今回のは見覚えのない白い恋人、、、プリン?





、、、うっまい!!!


現場事務所中に衝撃が走りました!

これは美味しい。美味しすぎる。

何やらベリー系のソースが付属していますが、かけないほうが美味しいくらいプリンが美味しい。

通販でも買えるみたいなので是非。


金本さん、いつもありがとうございます(^^♪


因みに白い恋人を製造しているのは”広島”です。北広島工場で作られています。


 

 

魚神からの、、、

先日某現場で雨上がりに突然神様から贈り物が届きました。


空から何の前触れもなく贈り物が、、、


それとも神の悪戯か、、、


空から贈られて来たのは、、、





●●工業の●●さん、、、ではなくて、、、





ギョギョギョ、、、です。


なぜ空から魚が、、、

鮪、鱸、鮭、、など、魚へんに●みたいな魚が沢山いますが、この魚は、魚空、でしょうか、、、


鳥の仕業でしょうか、、、猫の仕業でしょうか、、、或いは、、、。


摩訶不思議な出来事でしたがこういうのはなにかワクワクしてしまいます。


ごちそうさまでした。


ちなみに”魚”に”神”はハタハタです。そして、ハタハタは雷魚とも書きます。

 

 

本日のブログ
文:大野
写真他編集:福田

イヤホンの調子が悪いので買い替えを考えてます。







最近のヘッドホンやイヤホンもなかなか進化しているみたいですね。

Bluetooth搭載等は もはや当たり前の様に有り、ちょっと前からAir Podsの様に左右分離型のイヤホンも出てきて街中でもよく見かけるようになってきました。
現場でも職人さんの耳からうどんのようなものが出ています。それがAir Podsです。








バッテリーも凄い小さいんでしょうねー。

その中でも気になる機能としてノイズキャンセリング機能というものがあります。
SONYがかなり前からヘッドホンに搭載している機能です。

ヘッドホンやイヤホンの遮音性をあげても本来聞こえてくるべき音楽以外にもわずかに外部の騒音が聞こえてきますよね。
その騒音を打消す音をヘッドホンやイヤホンが作り出し、その音を流す事により騒音のみを消してしまう機能です。





・・・分かります?

打消す音とは消したい音の逆位相にあたる音なのですが、仕組みに興味のある人は調べて見て下さいねー。

類似技術として「消音スピーカー」という技術があります。
日本の放送機器メーカーTOAが世界で初めて開発した技術で騒音源の音を拾い、それと逆相になるような音を作りスピーカーから出力して空間で打消し合わせ結果、騒音レベルを下げることを目的としたものらしいです。





理論はかなり昔から証明されていたらしいですが、最近のデジタル技術により製品化が可能になったらしいです。

乗り物への適用例も有るらしく日産ブルーバードの一部や救急車の車内にも採用されているそうです。

救急車とかは命に関わる空間なので、サイレンなどがうるさくて患者や病院と会話が出来ないと困りますものね。

・・・ちょっと待てよ・・・

これって、建築分野にも応用出来ないものでしょうか?

工事現場では気をつけているつもりでも作業する上で騒音が出ています。そういう不快な音を消音スピーカーが消してくれれば「工事がうるさい!」と怒られることも無いでしょう。

家自体の遮音性能+外部からの騒音を消音スピーカーが消してくれれば、どんなにウルサイ場所での建築物も中は静かに過ごせるのでは?線路横や空港横でももちろん大丈夫です。

家の中ではオーディオルームにて完璧に近い無音の中で音楽が楽しめるのでは?

カラオケボックスや夜のスタンドから漏れ出てくる音痴な歌声は外部に取付けた消音スピーカーが消してくれるのでは?




●●ホテルでは設計者が予想しなかった大きな●●声が遮音壁を超えて外部廊下へ漏れるのを消してくれるのでは?

そういった技術が今後本当に進化して快適な未来を作っていくと思うのですがどうでしょう?

実は私が知らないだけで、そういう技術は建築に応用されているのでしょうか?

・・・もしそうならすみません。

そんな事を妄想しながら、どんなヘッドホンを買おうかとまよっています。








ウルサイ現場事務所の中、ノイズキャンセリングを効かせたヘッドホンを付ければ、静かに仕事ができるのでしょうかね?









 

 

某工事現場2

暑いですね(^-^;

もはや聞き飽きた言葉No.1ですね(笑)

さて、以前ご紹介しました当社が請け負わせていただいております安佐南区の某工事現場ですが、あれから二週間と少し経ちまして着々と工事が進んでおります。







3階の梁の型枠も上がり1階の型枠も徐々に解体され、まるで一気に建物としての息が吹き込まれていくようです。

個人的には型枠作業の中では、階段が作られていく様子を見るのが好きです。

型枠で階段の型を作っていく様子はいつ見ても不思議な感覚で職人技を感じます。



ここで突如台風発生!!




明日西日本に最接近する様子ですが、一応逸れて行く予報ではあります。が、やはり備えあれば患いなし、ということで対策として万全を期す為に防音シートを畳むなどの風対策を施しています。

梅雨は雨、夏は暑さ、台風、、、などなど、日本には四季があるので仕方がないですね(^^;

個人的には、夏、秋、夏、秋、の”二季”、が理想です(笑)



皆さんも気温台風には十分注意してください。

 

熱中症 ~梅雨明け~

梅雨も明け今年も本気の夏開始となりました。

暑いですね~!(汗)

近頃は工事現場でもほとんどの現場で熱中症対策がとられています。





まず代表的なものが塩分を多く含んだ飴。簡単に塩分補給ができ、持ち運びも便利なので非常に重宝します。

もちろん現場のみならず、スポーツや遊びなど非常に多くのシーンで用いられるようになり、夏には欠かせないアイテムの一つとなってきました。味やタイプが沢山あるのも嬉しいですね(^-^


他にも干し梅や昆布など、塩分が多ければなんでもOKのような様子も見受けられます。(笑)







↑ 
個人的にはこのまろやか干し梅がとても好みでオススメです(^-^



そして今現場で最も利用者の多い夏の必須アイテムと言えば、、、











何と言っても空調服ですね!!

空調服が発売された当時は、ただのウケ狙いの冗談だろうと思ったのを覚えています(笑)

それが今や、あのバカにしていたアイテムが現場での必須アイテムと化しています。

コレを発想し、そして何より商品化した勇気が凄いですよね!!

発明した人は成功するという確信と希望に満ちていたのかもしれませんが。

もちろん自分自身もお世話になっています。

福正建設では空調服は会社より支給されます。


最近では一般の需要も生み出そうと沢山のデザインのものが発売され、メーカーのカタログでもゴルフや釣りなど、様々なシーンで使用されている様子が掲載されています。

街を歩けばそこら中で空調服が使用されている、という日が来るのも近いのかもしれませんね。

ナイキやアンダーアーマー、アディダスなどの有名なメーカーが取り扱い始めると一気に浸透していきそうな気もします。


みなさんも熱中症には十分に注意してください。