株式会社 福正建設 - 新築・リフォーム・修理等住まいのことならなんでもご相談下さい:広島市安佐南区

文字サイズ
»
»
カテゴリー:豆知識

FUKUMASAブログ

世界の年末年始 明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。今年も心新たに、、、


日本では年末年始は比較的長い休暇を取る企業が多く、ショッピングなどはセールセールと掻き込み時のお祭りモードになるものです。


では、世界の年末年始はどうなのでしょうか? ごく一部の国においてですが調べてみました。



まずは何といってもトップオブザワールド、

アメリカ合衆国





アメリカは11月下旬にサンクスギビング(感謝祭)と言ってそこからクリスマスまでが日本の年末年始の休日モードに似た雰囲気になるのだそうです。

年末年始も年の明けた1月1日だけがお休み大晦日も仕事の人がほとんどなのだとか。

ただ、大晦日は仕事とはいえニューイヤーイブという事で結局激しく盛り上がります


さて、世界の年末年始にある程度共通する文化を見つけました。それは”食”です。

世界様々な国が大晦日、元旦に食べると縁起が良いとされる食べ物が存在しているようです。



アメリカ:お正月  ブラックアイドピー=豆の煮込みで黒目豆(ブラックアイドピー)に玉ねぎやベーコンなどを入れトマト味に仕上げたもの



理由: 所説あるものの黒目豆がコインに似ているためその年の金運が上がる、1年健康に過ごせる、などがあるのだそう。


金運かよ!!(笑)







中国


中国のお正月は1月ではなく旧正月が採用されているようで、ご存じ「春節」と呼ばれるこの時期はその年ごとに期間が変わるようです。

春節バクガイ と読むのかと思っていました。

大量の爆竹を鳴らすのも有名ですね。


お正月:餃子   中国南部では湯圓(タンユエン)と呼ばれる、白玉入りのスープが食べられるのだそう。













韓国

こちらも中国同様お正月のお祝いは旧正月に行われます。

家族との繋がりを大切にする韓国では親族同士で挨拶回りをしたり、新品の服を身に着けたりするのだそう。

新品の服を身に着けるってなんとなく良いですね。


お正月:お正月に食べる料理のことを歳饌(セチャン)と呼び「トッ」と呼ばれるお餅入りのお雑煮「シッケ」というお米入りの甘い飲み物などが有名。


















フランス


お正月: フランスには、お正月に食べる伝統菓子として「ガレットデロワ」が挙げられます。地域によって生地に違いがあるものの、アーモンドクリームを使うところと、中に「フェーブ」と呼ばれる小さな人形をしのばせるのが特徴です。

家族でガレットデロワを切り分ける時に、中に人形が入っていたらその人は1年幸運に過ごせるのだとか。













ドイツ


お正月: パンを食べます。
     お正月用のパンは「ノイヤールスブレーツェル(新年のプレッツェル)」と呼ばれる、パン生地を編んで輪のようにした素朴な味わいのパンを食べます。





大晦日: こちらもパンを食べます。
     「ベルリーナー・プファンクーヘン」と呼ばれていて、ジャム入りの揚げパンのようなもので、全体的に新年のお祝いも食事もシンプルなのがドイツの特徴です。



クリスマスにもパンを食べるようで、パンの国ですね。

ジャムおじさんがドイツ出身なのも頷けます。





ロシア


ロシア正教徒の多いロシアでは、新年が近づくと、「ヨールカ」と呼ばれるクリスマスツリーのようなもみの木の飾りを作り「マロースおじいさん」というサンタクロースに似たおじいさんから子どもたちへプレゼントが配られます。

「スネグローチカ」という、マロースじいさんの孫娘が一緒にプレゼントを配るところもロシアならではで、クリスマスを盛大に祝う習慣のないロシアでは、新年がクリスマスのような感覚となっています。




食べ物:特になし









タイ


中国と陸続きになっており、世界中から多くの観光客を迎えるタイでは、さまざまな文化がミックスされています。そのため、お正月のお祝いも西暦の新年(1月1日)、中華圏の旧正月(1月下旬~2月中旬)、「ソンクラーン」と呼ばれるタイ独自の旧正月(4月)と、新年が3回も祝われているそうです。

3つのお正月の中でも、やはりタイ人にとって大切なのはソンクラーンがある4月のようで、この時期に長めの休暇を取るのが一般的だそう。


また、タイ北部のチェンマイで行われるソンクラーンのお祭りは盛大で、大量の水をかけあう珍しい風習はタイ観光の目玉の1つともなっています。



食べ物:特になし








デンマーク


今回ダントツで一番気になったのがデンマークでした。


デンマークでは、大晦日になると友人や親族の家の玄関へ行き、ドアに古いお皿を投げて割るというちょっと変わった風習がるそうす。

お皿を割ると幸運と人脈に恵まれるとされており、家の前に割れたお皿が多ければ多いほど、友人や家族が多い証明となります。

また、年が明けた瞬間に椅子からジャンプする風習もあります。

空中で新年を迎えると1年がハッピーになると信じられているのだとか。

お祝いムードは1月1日までで、2日からはいつも通りになるところはアメリカなどと同じです。

デンマークの玄関扉はさぞ頑丈であるに違いない! 調べました。












、、、なるほど。 そうであるべきです。



食べ物:特になし













ジャポン


そして我らが日本。


日本では大晦日は年越しそば、年明けにはお雑煮を食べる習慣がありますね。

年越しそばは地域によって、年を越す前であったり年を越してからであったり、その辺は地域によって様々のようです。



しかしながら日本は年末も年明けも何かしら初詣、年末年始のご挨拶、初○○、など、ご丁寧な行いが目立ちますね。


個人的にはお正月が一年で一番大好きです。

 




今年はとても良い一年になりそうです。いや、そうなることがもうほとんど約束されたのかもしれません。


なぜなら、カウントダウンのゼロの瞬間宙を舞っていたのですから。






皆様、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

四角い兎年

 さて、今年も残り僅かとなりました。


2023年。来年の干支四角い兎年です。




ウサギと言えば月月にはウサギがおり、その兎はお餅つきをしている、というのを日本人なら誰もが聞いたことがあると思います。


ではなぜウサギは月にいるのでしょうか?


その理由は、それはそれは可哀想というか、ウサギの慈悲深い行動によるものが原因となっているのです。


全ては帝釈天という神様が悪いのです。


今昔物語の中でのこのお話の題名


「三獣行菩薩道兎焼身語



明らかにタダ事ではないですね。



更に、なんと月にウサギが居るのは実はインド発祥のお話だったのです!




さて、日本でのお話では月にはウサギがいますが、では外国でも月には何か居るのでしょうか?



月ですからきっと世界中にウサギ以外にも何かしらのお話が存在しているのでは、、、



調べてみました。









これはもう本を読むお婆さんですね。ロバも近い気がしますがロバはイラスト次第でどのようにも似せられますので今回はお婆さんで決定です。



今後子ども達にお話をする時は、月には本を読むお婆さんが居るんだよ。


と、お話をしていきたいと思います。想像力豊かな子ども達にとってはとてもミステリアスで夜の空が少し気味の悪いものになるかもしれません。


「お婆さんが現れるから早く帰っておいでよ!お婆さんに連れていかれるよ!」


と、門限を厳守させるには勝手に恐ろしい存在設定にしたお婆さんにお世話になるのも有りかもしれません。




ウサギが月に行った理由、それはいくつもの物語があるのでるが、どれもウサギにとっては辛く悲しい内容ばかりです。


これからは満月の度に手を合わせようと思います(´;ω;`)



月を調べる中でひとつ気になったところがありました。



満月のことを”望月”と言うのだそうです。


世の望月さんはやはり当たり前にそのことを知っているのだろうか。気になって今夜は眠れそうにありません。


中学校が一緒だったモチキに25年ぶりに連絡を取ってその”説”を確かめてみたいと思います。



四半世紀ぶりに連絡してきてそんな事かよ! って感じでしょうね。しかし私にとってはとても大切な事なのです。


モチキに会えるまでは毎日ヤクルト1000を飲みながらなんとか睡眠を確保したいと思います。




なぜ餅をついているのか、、、それが不思議とわかっていないのです。お話すらほとんど無いのです。


満月を意味する”望月”と餅(餅つき)の枕詞だ、という説もあるのです。


望月!オマエモカ!


無駄に長くなりましたが来年現場はこの格好で回ろうと思います。








もちろんヘルメットは被ります。




もし現場で見かけたら是非気軽に声をかけずにそっとしておいてください。




、、、良いお年をお迎えください(^^;♪


 

 

ナンバープレート

さて、ナンバープレート


公道を走る乗り物はみんな装着義務があり、取締りの為に存在する言わば情報板ですね。



そんなナンバープレートも今日では少しづつ遊び心が加えられ都道府県や地域別オリジナルの物が増えてきました。







あるわあるわ、今現在増加中でありこれからまだまだ増えていく予定のようです。


さて、我らが広島のナンバーはと言いますと





この4つの候補の中から選ばれる、という記事を以前目にしたのですが、最終的にはカープで決定したようです。



カープではなく黒田博樹のシルエットにでもしてもらいたかったです。




この素敵ナンバープレートですが、では随分と昔から取り入れられていました。









アリゾナだけでこんなに!!(笑)

しかも4年前の時点でです。



ひき逃げした車や何かしらやらかした車を目撃した人が瞬時にナンバーの情報を記憶するのは難しそうな気がしますね。



今はどうかわかりませんが、今から20年以上前にアメリカを訪れた時は車の前方にはナンバープレートを取り付けなくてはならないという決まりが無かったので取り付けていない車が殆どだったのを思い出します。




このナンバープレート、団結や差別化などを求めるニーズは多いでしょうからこれからは自分で作成したデータを申請して(要申請料)自分だけのオリジナルナンバーなんていうものもきっと近い将来作れるようになるのでしょう。


アプリで自分だけのオリジナルナンバーが手軽に作れる☆

みたいな。 



会社組織では企業のロゴなんかをいれたり、個人では草野球チームのロゴを作って入れてみたり、尽きないニーズが生まれそれを手掛ける企業が生まれ、そこから派生して、、、○○が○○するようになり、、、



といったようなお国にお金が流れ込む仕組みのようなものが構築されてゆくのではないでしょうか。



車体にはなかなか入れられないような”絵”もナンバーに
半ば透かされてプリントされる程度であれば気軽に楽しめそうですしね。




弊社もその時に備えて何パターンかのデータを作っておきましょう。


福正建設のナンバーがシャレオツでカッコイイ、カワイイ、モテる、など話題になれば福正オリジナルデータがバカ売れし、社内にナンバー課を立ち上げ、いずれは 株式会社福正デザイン に変わっているかもしれませんね。




、、、備えます(´艸`*)

 

 

デリバリー

 山を登るとつい食べたくなるのがピザ






ピッツァ






山が高くなれば高くなるほど体が強く求め始めるのがピッツァ







登山好きあるあるですね。






でも登山するのにピッツァなんて持って上がりませんよね。





お弁当に入れるようなものでもないですし。






なので今までは下山してご褒美のようにピザを食べるっていうのが大体の登山人達のパターンでした。

 





しかし、今は便利な時代です。







Uber、出前館、Walt、、、世はまさに大デリバリー時代となりました。









富士山登った、、、あ~、、、ピッツァ食いてぇぇぇぇっ!!!!!




















呼びましょう。








雲の上まで。









素晴らしい時代です。









五合目まで?







山頂までです。








標高3776mまでです。







どこのお店も


(※配達エリアは標高3776mまでとさせていただきます)


との記載がされていますね。


















いや~、助かりました。








一時はどうなるかと思いました。(;´∀`)









勿論2枚目は半額にしてもらいました
































おや?






バッグの中身はきっとピッツァですね。







彼らがすれ違いざまにハイタッチ。良い光景です。







普段は火花散らすライバル関係もここでは爽やかな仲間意識が生まれています。







これも富士山の力なのかもしれません。






否、






ピッツァの力、







是即ちデリバリーの力ですね。








デリバリーで世界をひとつに。












デリバリーを発案したDr中松はやはり偉大ですね。


 

 

PPV

 さて、少し前になるが日本格闘技界において ”世紀の一戦” が行われた。



那須川天心 VS 武尊

である。







その世紀の一戦は地上波ではなく Abema TV という有料サイトでの放送となり、視聴するにはお金がかかるというPPV(ペイパービュー)システムによって放送された。



その額なんと一番安いプランで6000円超え。 通常なら普通に会場で観戦できる額だ。






そしてこのバカ高い金額にも関わらずバカ売れし、結果的に日本の興行史上最高と言われる伝説的な大成功に終わった


見たいものを見たい人だけ見ればいい。地上波の時代は終わりつつある。Youtubeの登場おいてもはやこの時代の転換は顕著である。


PPVにおける放映においては選手に対しても販売金額に応じて出来高報酬が支払われることが多い。


かつてアメリカのボクサーは一試合で300億稼いだ者もいた




こんなデタラメな閲覧金額支払ってまで見れるか!!


さすがに6000円はあり得ない。。。。















素晴らしかった。






ところで、今回武尊選手が入場時に身にまとっていた衣装。この衣装のブランド、ある有名人プロデュースのモノであった。



そのブランド名は、、、









 
YOSHIKIMONO、、、


ヨシキモノ



ヨシ着物って、、、(笑)









ヨシ着物って、、、







、、、惜しいな~。

 

 

エンブレム(ロゴ)

 大阪・関西万博。  

 
今話題なのがそのロゴデザイン



思えば東京オリンピックでも、4パターンの中から最終的に1つが採用されるということで、


「あれがいい!」

「あれは流石にナシだろ」


など賛否両論あったものです。







ご存じ最終的にA案が採用されたわけです。


しかし、これが出来レースだっただのなんだの騒がれたりして。




どうせ意見なんて分かれるのですからいっその事


「今回のシンボルマークはコレです!!」


バーーーンッ!!!!


と、有無を言わさず一つだけ突きつけてやればいいのです。




そして今話題となっているロゴが










そう、それです。


どれでもいいと思いますけどね。


慣れるものです。



で、結果的に採用されたデザインが








んー、どこか懐かしさを覚えるとても親しみやく味わい深いデザインですね。


素敵です。













こちらは弊社のエンブレムです。



このデザインはその昔弊社現代表がデザインしたのだそうです。



よく見ると色々と解読できる秘密が隠れていないけど隠されているのです。




現場に出入りしているどこの業者さんも、なんなら一人親方さんだってヘルメットにオリジナルのロゴを入れています。



その昔それぞれがそれぞれに一生懸命に考えて愛を込めて生み出された大切な誇り高き紋章なのでしょうね。



横文字のものは当然ながら歴史が浅い傾向にありますね。


横文字で創業30年を超えていたらホンモノです。





知らんけど。





しかし男ってやつはサインやらオリジナルマークやらが好きですよね~。



シャシャシャっと書ける自分のオリジナルのサインを持っている男は多いんじゃないでしょうか。






そー言えば東京オリンピックで使われたエンブレムには秘密が隠されていたようです。



同じパーツを同じ角度のまま配置を変えるだけで



あら不思議、パラリンピックのエンブレムに大変身。










今更使えない豆知識ですね。








ロゴとエンブレムの使い分けがわからない。







 
 

 

山口岩国錦帯橋

 先日錦帯橋へフラッと行ってきた。


錦帯橋と言えば5コブ。ゴコブ。



何度見ても風情があり美しいですね~。





勿論渡ります。



途中重要文化財に指定されている〇〇邸のお雛様を見ました。






6歳の娘が

古いお雛様はお内裏様とお雛様の位置が反対なんよー。」


んなバカな。ちびっ子の戯言だ。そう思いながらよく見ると





あれ、反対だ('Д';)



よくわかっていないおチビちゃんだと思っていたチビ助に最近チョイチョイ学ばされる場面が増えてきました。



疑ってしまった罪悪感と成長に対する喜びと寂しさ。




さて、今回の旅の目的は岩国城です。





あの米粒のような





昔から気にはなっていました。



もちろんロープウェイであがります(笑)









さて、弥山とは違い難なく到着です。イージーです。岩国城イージー。




入るとすぐに御太刀という大刀が迎えてくれました。






なんと長さは197cm、重さは5kgというとてつもないサイズです。



こんな規格外の刀を振るっていたと言われているのがこちら、












そう、あの方です。本当なのでしょうか?


モノクロとはいえよく写真が残っていましたねー。



さてと、なぜ甲冑にヒゲをつけるのでしょうか。きっと大方の予想通りだとは思いますが、それならばなぜスッピンにヒゲを生やしている人の割合が少なかったのでしょうか。実はあまり興味ないですが。





そしていよいよ天守閣です。





どのお城も天守閣から眺める景色は最高ですね~。

またこんな高地に建つ岩国城ともなると尚さらです。というより何か意味が違うようにも思えてきます。


ここまでは馬で登っていたのでしょうか。






こんなあっさりなイージー登山は先人達になにか申し訳ないような気持ちになりますね。







錦帯橋と言えば水切り石投げですね。


上の子は夢中になって腕が上がらなくなるまで投げ続けていました。











そーいえばトモダチ蕎麦を食べました。






 

変化と進化

 変化進化定義って一体なんだろう?



ふとそんな事を思い、調べてみた。



変化とは


性質や状態が変わる事を指して使用します。


例として、

の変化、動きの変化(変化球など)、経年劣化経年変化、などです。





進化に関しては以前陸から海へと生活環境を変えたクジラ(鹿からクジラへ)という衝撃的なネタを書きましたが、言葉としての進化とは一体どのような定義なのでしょうか。



進化とは



複雑化、分化する方向の変化の事。  、、、明らかに変化より複雑な匂いがしています。



例としては


生物の進化


生き抜く為に環境に合わせて肉体が”進化”した。



文明化していくこと

人類は文字を使うようになった。読み書きするようになり書籍を誕生させた。=文明化した。


10年前の携帯電話より現在の携帯電話の方が優れて(進化して)いる。




1からスタートして、1+1+1+1+1+1+1=7

1から1ずつ変化して、結果7になった。最初の1に比べて7を見ると、進化しているじゃん。

ぐらいの感じかな?と思っていたけれど、違いました(笑)

いや、完全に違うとも言い切れないところか。=理解していない。





では、コレは、進化なのか、それとも変化なのか、、、


生物として月日を経て今に至るので、おそらく”コレ”は進化なのでしょう。か??




















2期でハードレンズ、3期でソフト、4機でカラコン、5期でアイボン、そしてもう6期に至っては明らかにレーシックしてますね。



しかし1期のドライアイの酷いこと酷いこと。



墓場なんて電球の底です。そもそも墓場って。






進化できる人と変化できる人、どちらの方が魅力的だろうか。






どっちもいいんじゃないっスか? ホジホジ。

 

クリスマス→年越し蕎麦→2022

 明けましておめでとうございます\(^o^)/

さて、長く有難い年末の7連休を終え、直後の3連休を経て、今に至ります。


普段なら2連休でもウハウハ、3連休などもう天にも昇るようなハッピーマンですが、不思議なもので7連休ともなると、3日経過したくらいで、


連休も残り4日か、、、


残り3日しかないのか、、、



などと悲しきカウントダウンモードへと移行し始めます。



贅沢な話ですが年に3回訪れるロングバケーションはやはり気持ちが高鳴ります♪



年末になるとクリスマスから一瞬で年越しとなりますが、子どもと過ごすクリスマスはやはりキラキラして素敵です。












そして年越し前には年越しそば。夕飯を食べた後で腹が減っていなくても頑張ってでも食べる、一年の締めくくりの●●●の儀式です。



今年はいただきもので少しバカけた蕎麦をいただきました。

















ご存じペヤングが挑発的にカップ麵の常識をぶち破ってきました!














食事の後に大人数人でいただきましたが、普通に美味しかったです。ただ、食後からなのでそのうち食べろ食べろの擦り付け合いに発展します。



捨ててはなりません。みんなで胃袋に詰め込むのです。できるだけ人の胃袋に。




今年は数年ぶりに家族みんな勢ぞろいのお正月を過ごす事ができました。やっぱり家族は最高です。



そしてそれから2週間と少し経過した今、オミクロンが前代未聞のスピードで感染拡大しています。



この感染爆発が年越して少ししてからで助かりました。



そして今や広島は全国でも指折りのゾンビタウンへと様変わりしてしまいました。。。





さて、暗い話はさておき、年越しそば。


年越しそばをどのタイミングで食べていますか?


どのタイミングで食べるのが正しいのかご存じでしょうか?



実は、、、いつでもいいのです。(笑)


大晦日であればいつでも良い。しかし、全国ではごく一部の地域によっては元日、又は2日に食べるという習慣のところもあるのだとか。


年越し前にはなぜ蕎麦を食べるの?







、、、そういえばLINEで何かの操作をした時に、




”あなたが2021年に最も使用したスタンプTOP3”というのが出て来ました。










ふざけてますね。








今年も宜しくお願い致します( `ー´)ノ

 

 

お年玉 ~良いお年を~

さて、2021年も残すところあと3日となりました。


あの2000年から早22年ですか。


1999年に地球は滅びるというノストラダムスの予言日から23年ですか。




さて、年始の一大イベント、お年玉







年に一度のゴールドラッシュです。


そもそもお年玉とは一体なぜ、何のために始まった散財イベントなのでしょうか



調べてみました。




お年玉の由来は、御歳魂という言葉から来ています。御歳魂というのは、正月に歳神(年神)を迎えるためにお供えされた丸い鏡餅のことを指しておりお供えした後に家族に分け与えられていました。

また、その餅は年神の生命ともされており、家族に分け与えることで一年を無事に過ごせるように祈るという宗教的な一面もあります。
なお、分け与える行為は年神の代理人とされた家長が行いました。




おぉっ!!来年から餅にしよう!!


きちんと説明すればきっとみんな分かってくれるはずがない。



そんなお年玉ですが、こういった儀式的な行事には大体ルールが設けられているものです。


そしてやはりこのお年玉も例外ではありませんでした。




ルール

お年玉を渡す際には、いくつかのマナーがあります。例えば、新札の紙幣を渡したり、奇数の金額に揃えたりなど。また、お年玉は目上の人が目下の人に渡すこと自体はOKですが、反対に目下の人が目上の人が渡すのはNGです。このことは、目上の人の子供に対しても同様のことであり、もし渡したいのであれば現金以外のものを渡すと良いでしょう。



助かるわ~。


失礼にあたるのでと礼儀正しくもっともらしく、こちらも餅でも配ろう。



前澤さんのように電子マネーで支払おうか。


前澤さんからいただいた電子マネーをそのまま横流ししてしまおうか。


頂くは天国、与えるは、、、もっと天国((+_+))



年明け前にこの記事を見ることができた人は超ラッキーでしたね。


浮いた額の3割でいいですよ('ω')ノ






それでは皆様、良い新年をお迎えください。


おまけ




一、富士


二、鷹


三、茄子


四、、、




実はまだ続きがあったのです。